水漏れが発生したら修理のプロへお任せあれ【水漏れ発生を見事解決】

慌てずに対処しよう

配管

構造を理解しておこう

普段何気なく使用しているトイレですが、タンクの中の構造を理解していると、万が一の水漏れに対処しやすくなります。トイレのレバーを引くと、底に蓋をしてあるゴムフロートが持ち上げられて水が配管に流れます。タンクに溜まった水の上には浮き玉が浮いていて、水が流れるとともに浮き玉が下方へ移動し、浮き玉と連動しているピストンバルブが水を排出したり止水したりします。これらのどのパーツが傷んでも上手に水が流れなかったり、水漏れの原因に繋がります。ゴムフロートに亀裂が入っていると水が止まらなくなります。浮き玉にひびが入ると内部に水が入りピストンバルブが作動しなくなるために、水が常時流れたままになってしまいます。このような水漏れの症状が起きた際には、タンクのサイドから出ている配管に付いた止水栓を止める必要があります。止水栓はマイナスドライバーを使用して開け閉めすることができます。しばらくメンテナンスをしていないと止水栓が固くなって動かしにくくなる場合もあり、力が多少必要なことがあります。止水栓が止まったらタンクの蓋を静かに開けて内部を確認してみましょう。原因がどのあたりにあるのか確認ができたら専門の業者へ連絡しましょう。水漏れを専門にしている業者ではどのような水漏れなのか見極めができると修理方法を模索して早々に対応してくれます。タンクに記載のあるメーカー名や型番を事前に控えて、連絡する時にしっかり伝えるようにしましょう。

Copyright© 2018 水漏れが発生したら修理のプロへお任せあれ【水漏れ発生を見事解決】 All Rights Reserved.