水漏れが発生したら修理のプロへお任せあれ【水漏れ発生を見事解決】

トイレのトラブル解消

蛇口

給水系の漏水

トイレのトラブルでもっとも多いのが配水系の詰りです。配水系の詰りの原因は許容量を超えた排水ですが、多くはトイレットペーパーがトラップ部分に詰まることがきっかけとなります。ただ、トイレの詰まりはこまめな掃除と許容内でトイレットペーパーのみを使用していればほぼ防げます。問題となるのは給水側のトラブルです。給水系簿トラブルは水道管からのパイプやタンクから便器への送水管のつなぎ目部分のパッキンの劣化による水漏れが発生します。パッキンの劣化は早いか遅いか必ず起こるものです。パッキンは消耗品として8年〜10年程度に一度は交換が必要と考えられています。水漏れが生じると床に影響を与えるため、早めに水漏れを止める必要があります。まずは水漏れ部分の下にバケツなどを受けておきましょう。最近ではホームセンターで交換用パッキンが販売していますが、夜間や休日などに水漏れが発生した場合、緊急で対応できる業者に依頼して確実に直すことが良いでしょう。水道業者に依頼するのも良いですが、緊急の水のトラブル対応は料金が高額となる可能性があります。トラブルの調査料や出張費、手間など様々な費用を求めます。知り合いの工務店などがあれば、一度相談してみると良いです。作業を行うためには調査と出張は当たり前ですので費用が掛かるのはおかしいです。部品と手間は必ず掛かりますので、余計な費用が掛からない業者に水のトラブルを解消してもらいましょう。

Copyright© 2018 水漏れが発生したら修理のプロへお任せあれ【水漏れ発生を見事解決】 All Rights Reserved.